新野高校イシマササユリ
   保護活動をしています
     
 

メニュー

お知らせ学校概要行事予定学校行事部活動特色ある学校づくり中学生の皆さんへ生徒の皆さんへ保護者の皆さんへ事務室から(証明書の発行)提言ボックス携帯サイトアクセス同窓会・体育後援会のページ
757388Visits
mobile site
QRコード
 

阿南光高校への再編統合


2018/01/11

阿南光高校の校歌ができました

Tweet ThisSend to Facebook | by:Web管理者

阿南光高校の校歌ができました。

校歌制作者

  作詞者:大高  翔氏(阿南市出身)俳人,阿南ふるさと大使    
     (実績) 徳島科学技術高校,鳴門渦潮高校
  作曲者:住友 紀人氏(小松島市出身)作曲家,サクソフォン・ウインドシンセサイザー奏者
     (実績) 県立総合看護学校,つるぎ高校

校歌と制作の意図

  徳島県立阿南光高等学校校歌   作詞:大高 翔  
                  作曲:住友 紀人
 一、
 新しき天へと
 竹は青々と
 高き目指してゆくところ
 涼しきまなざし
 熱き心で
 世を見渡せよ
 日々を新たに
 阿南の地より
 われはひとつの光を生む
二、
 新しき風受け
 竹は隆々と
 空を広げてゆくところ
 遥かなまなざし
 澄んだ心で
 世に飛び立てよ
 日々を誇りに
 阿南の地より
 われは翼を広げてゆく

*作詞の意図
 全体的に,伸びやかで力強い竹の姿と,生徒の皆さんの姿が重なるように意図した。十代の皆さんにわかりやすく,口ずさみやすい詞となるように心掛け,生涯を通じての恩師や仲間,指針を養う学生時代であるようにと願い,ふさわしい語を探した。
 一番では,ぐんぐん伸びていく若々しい竹と努力を楽しむ姿を重ねて,言葉を選んだ。
 二番では,竹のしなやかな力強さに,専門性を高めていく姿を重ねた。

*作曲の意図
 力強さと明るい未来へ馳せる思いをストレートに感じる良い歌詞に出会い,ほんの数時間で作曲は完成した。編曲では,生徒たちの未知なる将来になぞらえ,何か新しいチャレンジができないものかと試行錯誤をした結果,1曲の中で4度も上昇転調を重ねるという斬新なアプローチをそれに気づかないほど,とても自然に仕上げることができた。
 この校歌が末永く多くの人々に歌い継がれることを想像すると,例えようもない喜びと達成感に満たされる思いである。

こちらで曲をお聴きになれます→ 阿南光高校校歌.mp3

楽譜




13:00 | 投票する | 投票数(9)